はじめて庭づくりをお考えの方へ

新築時の外構工事に多くの方が後悔しているという統計がございます。お庭づくりは、その家と周りの外部空間、そしてその空間で暮らしを彩る植栽のデザインを切り離して考えることはできません。初めての外構工事、失敗を避けるためのアドバイスをご案内いたします。

多くの方が施工後に後悔しています。

1 %
後悔や失敗を感じている
1 %
特に不満はない
植栽、庭がもっとあれば  屋外で楽しめる空間がほしい 生活してみて使い勝手が悪い
建物を素敵に見せるための外構になっていない メンテナンスをどうしたら? ・・・・・
家と庭の調和から生まれる暮らし、後悔しないためのポイントとは?
Point 1

建物(家)だけでなく住環境(家と外部空間)を提案してもらえる住宅会社を選ぶ

豊かな暮らしを実現できるのはどちらですか?
新築住宅ご提案時に建物の話だけで、ガーデン(外構・庭)の話をしない住宅会社には注意が必要です。

※豊かな暮らしをもたらす住環境を実現すために、ガーデン工事は建物価格の1割以上の予算を目安にしてください。

Point 2

ガーデン工事は、将来を見据えた
敷地全体の計画が大事です。

将来計画がなく、新築時の外構予算で収まる計画で工事を進めると、後からやりたいことが増えたときに大きな解体工事が発生する可能性があります。
新築時の予算で無理に計画する必要はありません。ガーデン工事は時期を分けて工事ができます。家庭の成長に合わせて変化を楽しめる系かうをしましょう。
Point 2

ガーデンプランは
ガーデンデザイナーに依頼しましょう。

建物は建築士に依頼が当りまえですが、ガーデンプランもガーデンデザイナーに依頼するのが当たり前です。
植栽知識がない、エクステリア・外交の知識がない方の見た目だけのプランでは住み始めてから後悔します。必要な機能を備えたエクステリアから、家や暮らしを彩る植栽やお庭をプロのガーデンデザイナーに設計してもらいましょう。

※プラン作成を無料でするデザイナーは要注意です。プロに依頼するのに費用が発生するのは当たり前です。

Copyright © 株式会社マルキ All rights reserved.
Post Views: 215